エレベーターのないマンションへ(から)の引越しは割高?

3階建て以上でもエレベーターのないマンションがありますが、階段を上り下りして荷物を運ぶわけですからその負担は大変大きなものになります。
軽いものや小さなダンボール箱などは運べても、狭い階段を折り返して大きな家具・家電製品などを運ぶのは困難な場合があります。
階上になるほど困難を極め、その分、時間もかかり人手も必要になります。
作業時間の増加と人手の増加は、費用に影響します。
目安としては、1階上がると1,000円から2,000円程度加算されるといわれています。
この加算額は、旧居と新居、別々に計上されることになります。
エレベーターのないマンションでの引越し費用は、割高になると考えておきましょう。

大型冷蔵庫の搬入にはクレーンが必要な場合も?料金は?

クレーン

1階や2階の引越しでも大型家具や家電製品の搬出・搬入は大変なものですが、
3階以上さらにはエレベーターのないマンションでは、搬出・搬入ができるのか心配になります。
階段や通路が狭い、玄関から出せない・入らないなどの場合は、クレーン車を利用したり、人力でクレーン作業をすることがあります。
クレーン作業をするメリットは、大型家具や大型家電製品を短時間でスムーズに搬出・搬入することができること、ドアや壁などを傷つけずに済むということにあります。

デメリットは、クレーン車を利用する場合は、引越し業者がそれを所有している台数が限られているため、
希望の引越し日に空いていないということもあって、クレーン車が利用できる日に合わせないといけないこともあります。
また、車体が大きいため、住居周辺の道路が狭かったり、駐車スペースがないと利用できないということがあります。

気になるクレーン作業料金ですが、業者によって設定は様々で10,000円から40,000円くらいとなっているようです。
クレーン車の利用代金はもちろんですが、人力による手吊り作業になると作業員の人数も増え、料金も追加されるのです。
引越し業者によっては、家財一つから配送可能というプランを用意しているところもあります。
大型家電のみを専門プランを利用するという方法もできます。
まずは、手持ちの大型家具、家電のサイズを把握して搬出・搬入にクレーン作業が必要かどうかを調べておきましょう。

このページの先頭へ