おいしく便利な保存食&常備菜

忙しい時やおかずをあともう1品欲しい時、お弁当のおかずなど、作り置きのおかずがあればとても助かります。
身近な食材を使うことが多い、日持ちする、経済的、料理時間の短縮など、レパートリーに入れておくと大きなメリットがあります。
ここでは、超簡単な常備菜のレシピをご紹介します。

<ちくわソテー>
・材料…ちくわ  2本
    いりごま 小さじ2
    砂糖   大さじ1/2
    しょうゆ 大さじ1・1/2
    サラダ油 少々

・作り方
1.ちくわは1cm弱の厚さで斜め切りにする。
2.鍋にサラダ油を熱して、ちくわを炒める。
3.ちくわに少し焼き色がついたら、砂糖としょうゆを合わせて加える。
4.焦がさないように煮詰めて、仕上げにいりごまを振る。

<キノコの酒煮>
・材料…しめじ  2パック(シイタケ・舞茸・えのきなどキノコ類ならなんでもOK、混ぜてもOK)
    酒    大さじ1
    しょうゆ 大さじ2・1/2

・作り方
1.しめじは根元を切ってさばく。
2.しめじを調理直前にさっと洗い、水けをよく切っておく。
3.鍋にしめじを入れて、酒をふりかけ煎り付ける。
4.水気が出たら、しょうゆを加えてしんなりするまで煮る。

<塩昆布ピーマン>
・材料…ピーマン 4~5個
    塩昆布  大さじ2~3

・作り方
1.ピーマンはへた・種・わたを取って細切りにする。
2.フライパンを熱してピーマンを炒め、水気をしっかり飛ばす。
3.シャキっとした食感が残るくらいになったら、火を止めて塩昆布を加えて混ぜる。

<なすの生姜醤油漬け>
・材料…なす   3本
    しょうゆ 大さじ4
    しょうが 大さじ1(すりおろし)
    サラダ油 適量

・作り方
1.なすはへたを切り落とし、輪切りにする。
2.ボールにしょうゆとしょうがを混ぜ合わせておく。
3.フライパンに多めの油を入れて熱したら、なすを並べて焼く。
4.なすに少し焦げ目がついたら裏返す。
5.中まで焼けたら、しょうゆとしょうがを混ぜておいたボールに入れて、絡ませる。

このページの先頭へ