新居のレイアウト

引越し前に新居のレイアウトを決めておくと、様々な点で利点があります。

  • 引越し当日の作業が楽になる…荷物を搬入する際、引越し業者へ指示しやすくなります。
  • 荷解きのことを考えて梱包できる…収納する部屋別に段ボールを作るなど、新居での荷解きが楽になります。
  • 現在手持ちのものが新居で必要か不要かがわかる…そのまま使えるものは使い、不要のものは引越し前に何らかの方法で処分することができます。
    また、新たに必要なものがあれば、それを準備しておくこともできます。

このように、レイアウトを決めておくと、作業がスムーズに進むと考えられます。
まずは、大型のものから配置を決め、収納場所にきちんと収まるサイズや量であることを確認しておくことをおすすめします。

荷造りのスタート

ダンボール

さあ、荷造りしよう!
と思ってもどこから手を付けようか、途方に暮れてしまいそうですが、
まずは、日頃ほとんど使用していないものから荷造りしていきましょう。
それから、季節のもの(衣類や家電など)、
なくても生活できるもの(趣味や娯楽、本やCD、DVDなど)
というように、
現在の生活で使用頻度が低い順にすすめていけば良いでしょう。

手続き一覧

  1. 郵便物の転送届け
  2. 引越し後に、きちんと郵便物が新居に届くようにするためには、転送の手続きが必要になります。
    その方法は、

    • 郵便局の窓口に設置されている「転居届」に記入して手続きをする
    • 郵便局のホームページからオンラインで手続きをする。(e転居)

    このいずれかになります。

    窓口で手続きをする場合は、本人確認ができるもの(免許証等)、旧住所が確認できるものなどが必要になります。
    オンラインで手続きをする場合は、携帯電話かスマートフォンが必要になります。
    また、メールアドレスも必須です。

  3. ペットの登録
  4. ペットを伴う引越しの場合は、その種類によって手続きが必要になります。
    犬や飼育許可が必要な動物については、登録変更の手続きをしなければいけません。
    自治体の動物愛護管理行政担当に確認をしましょう。

  5. NHK、衛星放送、ケーブルテレビ
  6. 受信料の支払いをしているNHK、BSデジタル放送やスカパーなどの衛星放送、ケーブルテレビなどについては、
    住所変更の手続きが必要になります。
    最近では、インターネットでオンライン手続きが可能なのでとても便利です。
    注意しておきたいのは、衛星放送やケーブルテレビで、引越し先でその視聴が可能かどうか確認する必要があります。

  7. 新聞などの配達サービス
  8. 新聞、牛乳などの配達サービスを利用している場合も引越し日が決まり次第、連絡をしておきましょう。
    その際は、清算方法をきちんと確認しておきましょう。

  9. ガス、水道、電気
  10. ガス、水道、電気などのライフラインは、引越し当日まで旧居で必要ですし、新居でもすぐに使えるようにしておきたいものです。
    いずれも利用停止日と利用開始日を伝えておかないといけません。
    抜かりなく手続きをして、生活に困らないように準備しておきましょう。
    また手続きには、検針表や使用量のお知らせ等に記載されているお客様番号が必要になるので、手元に用意しておきましょう。

    • ガス…開栓の手続きには、係員の立ち会いが必要になります。引越しシーズンには混み合うことが予想されるので、利用開始日が決定したら早めに連絡をしておきましょう。
    • 水道…利用停止、開始ともに電話またはインターネットで手続きが可能。1週間くらい前には手続きしておきましょう。
    • 電気…電話またはインターネットで使用廃止、開始の申し込みができます。

転居はがきの作成

ハガキ

親しい人やお世話になった人には、転居した旨をお知らせしておきたいものです。
引越しをした時期が夏であれば暑中見舞いや残暑見舞いと兼ねて、年末年始であれば年賀状と兼ねてお知らせすることができます。
また最近では、郵便局のホームページで注文して、そのまま発送することもできます。

総括

引越し2週間前は、手続きのオンパレード。
必要な手続きを一覧表などにして、漏れることなく済ませていきましょう。

このページの先頭へ