残っている荷物の梱包

当日まで使用するものとして残していたものを梱包しておきましょう。
布団などは、引越し業者から布団袋がもらえるので入れておきます。
現金や通帳、印鑑などの貴重品は、バッグなどに入れて他の荷物とは別にしておきます。
紛失しないように気を付けておきましょう。

忘れ物チェック

荷物の搬出が終わったら、忘れ物がないか、積み残したものがないかをチェックします。
特に、押し入れや天袋、クローゼット等の収納場所やベランダ、物置などを確認しましょう。
荷物が全部出た後に掃除するため、掃除機やぞうきんなど、掃除用具は残しておきましょう。

部屋の掃除

掃除

長年住んでいた場合、大型家具や家電が搬出された後は、大量のほこりが出てきます。
退去後、クリーニング業者が入るとはいえ、そのまま去ってしまうのは、マナーとして問題ありです。
大きなほこりは掃除機で吸い取るなど、簡単に掃除をしてから出るようにしましょう。

電気のブレーカーを下ろす

電力会社に使用停止の連絡をしたら、退室の際はブレーカーを下すように言われます。
当日、バタバタしているとうっかり忘れてしまいそうですが、退去後に使われた電気代を請求されても困ります。
また、漏電防止の意味もありますので、忘れずに下ろしてから退室しましょう。

電気、ガス、水道の停止

事前に申し入れていた使用停止日は、その日まで利用することができ、その日までの料金を支払います。
停止日までの料金の支払い方法は、従来通りの方法か変更するかをきちんと確認して伝えておきましょう。
当日、現金で支払う場合は事前に準備しておき、忘れないようにしましょう。

退室

いよいよ旧居とのお別れです。荷物も搬出し、掃除も終わり、ブレーカーも下ろし終わったら、
窓の戸締りをしておきましょう。
退室の際に、不動産会社または大家さんが立ち会うところもあるようです。
立ち会いがあれば、その時に鍵を返却し、なければ返却しに行きましょう。

搬入物の置き場所を指示

新居

新居に到着したら、早速荷物の搬入が始まります。
大型家具や家電がどこから入れるのがよいか決めましょう。
戸建て住宅の場合は、玄関よりもリビングなどの大きな掃き出し窓がある場所からの搬入が便利なこともあります。
玄関以外から搬入した方がよさそうであれば、引越し業者にその旨を指示をしましょう。

搬入は、大きな物から運んでいきます。
タンスや食器棚などの大型家具は、配置場所や向きをきちんと伝えて設置してもらいましょう。
段ボール箱は、梱包した時に新居での収納先(例えば、1階和室 2階寝室など)を記入しておいて、
搬入の際に書いてある場所へ運んでもらうようにすると後の作業が楽になります。

搬入物の紛失、傷のチェック

荷物の搬出・輸送・搬入の途中でなんらかのハプニングが起きることも考えられます。
それによって、傷がついてしまったり、破損してしまったり、紛失するということもあるようです。
引越し業者の作業員の不手際によるものであれば、業者側(営業担当や事故、クレームなどの担当者)と補償などについての話し合いをします。
傷や破損の場合は、修理可能であれば修理をして、不可能であれば金銭で補償というのが多いようです。
紛失については、荷物を整理していると後から出てくるということも多々あります。
荷物の搬出前に、自分の目で傷や破損がないかをチェックしておくと、引越し作業中に発生したものかどうかが判断もつけやすいです。

ご近所への挨拶

手土産

ご近所への挨拶は、当日に行っておきましょう。
時間に余裕があれば、荷物の搬入前に済ませておくのが良いですが、
そうでなければ、搬入後、できるだけ早めに行きましょう。
訪問の時間は、朝早くや夜遅くは避け、食事の時間帯もさけるようにしましょう。

電気、ガス、水道の使用開始

使用開始の手続きを事前にしておけば、希望した日から使用することができます。
引越し直後から必要なライフラインです。荷物の搬入時には使えるように手配しておきましょう。
ガスの場合は、開栓する際に立ち会いが必要です。
分電盤の位置を確認し、ブレーカーを上げて電気が使えるようにしましょう。
水道は、水止め栓をひねると使用することができます。
電気と水道は、「使用開始申込書」が備えられているので、記入してポストに投函しておきましょう。

総括

旧居で最後まで必要なもの、新居で最初に必要なものは、やはり電気、ガス、水道のライフラインになります。
引越し当日まで使えるように、また、当日から使えるようにきちんと手配しておくことが大切です。

このページの先頭へ