荷物を入れる前に新居を掃除!

家

新居で快適な生活をスタートさせるためには、荷物を搬入する前に掃除をしたり、ゴキブリなどの害虫やカビなどへの対策をとっておくことをおすすめします。
しかしこれは、旧居から新居の距離が近い場合など、前もって新居の様子を見に行けるような環境でないと無理な話かもしれません。
ですが、遠方からの引越しでも最低限のことをしておけば、快適生活をスタートできますし、後々のトラブルを未然に防ぐことが可能だと思われます。
新居をどのように掃除しておくのか、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

新居の不備や不具合がないか見回る

荷物を搬入する前に、部屋全体を見回りましょう。
ドアや壁、フローリングなどに汚れがないか、破損している部分はないか。
押し入れやクローゼットのカビや害虫の有無。
水回りでは、臭いが発生していないか、水漏れや詰まりがないかなどを確認します。

このように荷物が入る前の状態でチェックをしておくと、この部屋を退去する際にどのくらいきれいにしておけばよいかというのも分かります。
引越し当日にしか新居の様子を確認できない場合は、不具合を見つけたら写真を撮るなどして記録しておくといいかもしれません。
賃貸住宅の場合には、大家さんや不動産会社に不具合があったことを連絡するようにしましょう。

拭き掃除と部屋の換気

荷物が搬入され、それぞれの場所に収納してしまったら、その場所を掃除することはなかなかできません。
収納する前に一気にやってしまいましょう。

やることは簡単。
埃などがあれば、掃除機やホウキなどで除去しておき、あとは水拭き・乾拭きです。
押入れやシンクの下など、あとから掃除をしにくいところから手をつけていきます。
その間に、全室、窓を開けておいて空気を入れ替えておきましょう。

可能であれば、ゴキブリやダニなどの害虫駆除剤を使用したいものです。

退去予定の部屋の掃除

掃除

これまで住んでいたところを退去する時の掃除についての必要性は、
敷金は返金される?退去時の現状回復費・掃除の費用についてに詳しく書きましたが、
大家さんや不動産会社は、カギを返却する際の状態を見て修繕箇所を決めるわけですから、
敷金返金に大きく影響されることは必至です。

お金のことばかりではありませんが、やはりきれいに掃除をして退去すると気持ちが良いものです。
気の持ちようかもしれませんが、部屋をきれいにしておくと運気も上がるような気がしませんか?

このページの先頭へ