ベランダのお掃除のコツ

ベランダは、風雨にさらされているため、土や砂、排気ガスなどによる汚れ、鳥のふんなど、常に汚れているところと言えます。
しかし、ベランダの掃除方法がわからなく、放置している人も多いはずです。
洗濯物や布団を干す場所なので、できるだけ清潔に保てるよう、こまめに掃除をするようにしましょう。

ベランダ

ベランダ掃除におすすめするのは雨の日です。
天気が良い日に行うと、マンションなどの集合住宅の場合、階下の洗濯物などを汚してしまうおそれがあるからです。
室内の掃除とは違い、階下への配慮を忘れないようにしましょう。

まず始めに、ホウキで砂や枯れ葉などのゴミを掃き、取り除きます。
ホウキで掃ききれなかったゴミは掃除機で吸い取ります。

次に、戸建て住宅であれば、少量の水を流してブラシで擦り、雑巾でふき取ることができます。
しかし、アパートやマンションなど集合住宅の場合は、階下への雨漏りが考えられるため、水を流すことはできません。
そのような場合は、捨ててもいい雑巾や布きれをたくさん用意してください。
それらを水で濡らしてかたく絞り、ひたすら拭き掃除をします。
おそらく雑巾は真っ黒になるので、汚れたら廃棄して、また次の雑巾を使うというふうにしていきます。
どうしても落ちないよごれの場合は、セスキ炭酸ソーダを使うと効果的です。

また、苔が生えている場合は、ハイターなどを少量かけて、ブラシでこすると良いでしょう。
掃除の後、水分を拭き取る時に、新聞紙を使うこともできます。
雨の日に掃除をすると、ベランダに雨が吹き込んでいれば汚れが浮き上がっている状態になっていたりもします。
その場合は、雑巾や新聞紙でどんどんゴミをかき集めて、どんどん捨てていくようにします。

このようにベランダの掃除は、屋外の頑固な汚れとの戦いとなるため、雑巾や古布、新聞紙などを大量に準備しておくことをおすすめします。

このページの先頭へ