壁・天井のお掃除のコツ

「壁や天井を掃除するの?」と思われる人もいるようですが、壁も天井も知らない間にホコリがついてしまっています。
壁の上の方や天井と壁の境目などをよく見てみてください。
エアコンの風や人の動きで舞い上がったホコリがついているはずです。

このホコリを放置しておくと、黄ばんできて壁や天井のシミの原因となってしまいます。
そんな壁や天井の簡単にできるお掃除方法をご紹介します。

天井のお掃除

はたき

掃除の基本は「上から下へ」
まずは、天井から始めましょう。

目で見てわかるような大きなホコリは、掃除機で吸い取ります。
大きなホコリがないからと言って、全くないわけではありません。

そんな時は、ポリバタキを使います。
ポリバタキは、ポリプロピレンでできたふわふわのハタキです。
使う前に2,3回振ることで静電気が起き、ホコリが吸着して掃除ができるというものです。
天井全体をなでるようにしてホコリを吸着させましょう。
特に角や隅はホコリが溜まりやすいです。

壁のお掃除

壁

天井の次は、壁の掃除にとりかかります。
天井と同じく大きなホコリは掃除機で吸い取り、その後、ポリバダキを使用します。
ホコリが取れたら、次に汚れを落とします。

その方法は、壁の素材によって違ってきますが、ビニールクロスなどの壁紙では水拭きや専用の洗剤を使って汚れを落とすことができます。
壁紙の質や表面の状態(凹凸の有無)などに合わせて、ブラシやタオルなどを使用すると良いでしょう。
壁紙によっては、薄かったり傷が付きやすいものもあり、擦るとはがれるものもあるので注意が必要です。
布製の壁紙は、水拭きや洗剤の使用はシミを作ってしまいますので厳禁です。
かたくしぼったタオルなどで軽く叩いて汚れを落とします。

また、漆喰壁も水拭きや洗剤は厳禁です。
手垢程度の汚れであれば、サンドペーパーで軽く擦ると良いでしょう。
少しの汚れなら消しゴムで落ちることもあります。

このページの先頭へ