窓周辺のお掃除のコツ

窓の周辺は、結露ができるためにカビの発生に悩まされている人も多いかと思います。
結露を放置してしまうと掃除がとても厄介になってしまいますので、こまめにふき取る様にしておきましょう。

窓ガラスのお掃除

窓

窓ガラスの内側は、油汚れや皮脂の汚れ、たばこのヤニなどがついています。
中性洗剤を薄めてタオルで拭き、その後、水拭き・乾拭きをしてきれいにします。
外側の汚れは、油分がないので簡単に落とすことができます。

サッシのお掃除

カビがついてしまった場合は、カビ取り剤を使用するのが効果的ですが、肌に触れてしまたり、目に入ってしまわないように注意が必要です。
特に高いところを掃除する時には気をつけましょう。
レール部分には砂埃などが溜まり、放置しておくと固まってしまい、窓や網戸の開閉の妨げになってしまいます。
ブラシなどでかき出して、その後掃除機をかけるようにしましょう。

網戸のお掃除

網戸

網戸には意外とホコリが溜まっています。まずは掃除機などでホコリを取り除きましょう。
細かいホコリは歯ブラシなどを使って落とします。
ホコリが落とせたら、水拭きをしておきましょう。

カーテンのお掃除

カーテンには、室内のホコリ、手あか、油汚れ、たばこのヤニなど、多くの汚れがついています。
まずは、掃除機でホコリを吸い取りましょう。

水洗いができる物であれば、洗濯機で洗います。
その際は、掃除機をかけたあと、さらに叩くなどして、十分にホコリを落としておきましょう。
洗濯できない場合は、クリーニングに出すか、汚れた部分に衣料用洗剤を薄めたものをつけて汚れを落とすようにします。

ブラインドのお掃除

ブラインド

ブラインドの場合は、軍手を使用します。
まずゴム手袋をはめてその上から軍手をはめます。
その時、軍手は水で薄めた洗剤で濡らし、絞っておきます。
ブラインドを指で挟むようにして横に滑らせていくときれいに汚れが落ちていきます。

このページの先頭へ