床掃除のコツ

床掃除は、床の材質によって掃除の仕方が変わってきます。
ここでは、タイプ別に掃除方法をご紹介します。

畳のお掃除

畳

畳に最もよい掃除の方法は、ホウキで掃き出すことなのですが、室内用のホウキがないという家庭も多いはず。
わざわざ買う必要もありませんので、掃除機で丁寧に吸い取る様にしましょう。
ポイントは、天気の良い日に窓を開けて風を通し、掃除機を畳の目に沿ってかけるということです。

そして、仕上げは乾いたタオルで畳の目に沿って拭きます。
水拭きは厳禁です。
但し、汚れがついてしまっている場合は、弱アルカリ性の洗剤でふき取り、かたく絞ったタオルで洗剤を取り除き、
最後は乾拭きをして、水分を残さないように注意が必要です。

フローリングのお掃除

ワイパー

始めはきれいだったフローリングも気が付けば黒ずんだ汚れがあちこちに…。
発見した時に、水拭きしてみてもすでに遅く、なかなか落とすことができません。

床掃除も順番が大切
手順通り行ってきれいにしていきましょう。

まずは、床の上のホコリを取り除きます。
この時、掃除機は使わずフローリングワイパー(ドライタイプ)を使用します。
先に掃除機を使ってしまうと、逆にホコリを舞い上げてしまうおそれがあるからです。
一度舞い上がったホコリは、また数時間後に床に落ちてしまいます。
効率よく掃除をするためには、フローリングワイパーから始めましょう。

次に、フローリングワイパーで取りきれなかったホコリを掃除機で吸い取ります。
特に溝になっている部分は、ワイパーではきれいにできないので、丁寧にしましょう。

掃除機をかけ終わったら、水拭きをします。
皮脂汚れなどの水拭きで簡単に落ちない汚れは、中性洗剤を水で薄めたものを使いましょう。
少し緩めに絞り、汚れた部分を拭き、汚れを浮き上がらせます。
少し時間をおいて再び中性洗剤水で拭けば、頑固なよごれもきれいに落とすことができます。
最後は水拭きで仕上げましょう。

カーペットのお掃除

コロコロ

カーペットの素材にもよりますが、掃除機をかけてもなかなかきれいにならないことってありますよね。
とくに毛足の長い絨毯やマットなどは、毛の奥に髪の毛や食べかすなどが入りこんでしまっています。
カーペット類の掃除のコツは、掃除機のかけ方にあります。

まずは、時間。
ゆっくりかけるのがポイント。
1メートル四方で20秒が目安になります。

次に、掃除機の動かし方。
フローリングなどの場合は、一定方向に動かすのが基本ですが、
カーペット類は、十字を描くような感じで掃除機を動かします。
縦の次は横という風にすることで、絨毯などの毛が起き上がり、その奥に入っていたゴミが吸い取りやすくなるのです。
また、皮脂の汚れについては、住居用洗剤やおしゃれ着用洗剤など、絨毯等の素材に合わせて使い分けていきます。

このページの先頭へ