火災保険、絶対に入らないとダメ?

賃貸住宅に入居の際に、敷金・礼金・家賃など、支払う金額はとても大きく、負担に感じます。
その上、火災保険への加入を勧められ…いや強制的に加入させれ、さらに出費がかさむことになります。
自分が失火の原因を作ったり、隣の部屋から出火するなど考えている人はいないのではないでしょうか。
火事の被害に遭うことは誰も想像できませんし、でも全く無いともいえません。
民法には「失火責任法」というものがあり、失火した者に重大な過失がなければ損害賠償は負わせないこととなっています。
ですから、火事の原因を自分が作ったとしても、油の入った鍋を加熱中にその場を離れたり、煙草の吸殻の消火がきちんとできていないなどの
重大な過失を犯していなければ、建物の建替え費用などを負担するという責任を負わなくても良いということになるのです。
建物に関する保険については、大家さん自身が加入する火災保険になります。
しかし、自分の失火によるものであっても、隣人の失火によるものであっても、自分の持ち物や家財道具、財産は燃えて無くなってしまいます。
その責任を失火者に負わせることができないため火災保険、中でも「家財保険」の加入が必須となるのです。
ですから、賃貸契約の際に火災保険の加入を勧められたら、自分のため、自分の財産を守るためと思って加入するようにしましょう。
契約の際には、補償内容や補償額がどれくらいなのか、内容が大きすぎないか、支払う保険料の額が大きすぎないかどうかを確認しておきましょう。
一人暮らしで荷物も少ないのにファミリー世帯と同じ内容の保険内容を勧められることもよくあります。
自分の現在の持ち物、財産はいくらあれば回復することができるのかを知った上で契約することをおすすめします。

このページの先頭へ