高齢者向けシニア世代の引越しの場合

引越しは、学生や働き盛りの世代だけではなく、シニア世代になってもすることがあります。
例えば、定年退職後に故郷に帰ったり、自宅を建て替えたり、老人施設等へ転居したりなどと、引越しの機会はまだまだあります。
しかし、若い頃の引越しと比べ、体力的に衰えてしまっているのが現実。
重たい物を運んだり、高いところに収納していたものを出したりなど、以前は何とも思わずできた作業もとても負担に感じてしまいます。
また、高齢者の一人暮らしも増加し、時間も体力も必要とされる引越し準備を一人でしなければならない場合も多々あります。
このような状況は、特に持病がある人は避けなければいけません。
作業中に具合が悪くなったり、ケガをしたりするハプニングが起きてしまっては困ります。
引越し業者によっては、シニア向けの引越しプランを用意しているところがあります。
荷造り・荷解きをしてくれるのはもちろんですが、シニア向けプランの魅力は、
・新居での間取りに応じた家具の配置や整理整頓、収納に関する相談ができる。
・引越し前にでた不用品等の引き取りや処分をしてもらえる。
・家電の配線等をしてくれる。
・旧居の掃除をしてくれる。
などという点です。
業者によって内容が多少違いますが、このようなプランを利用することにより、
シニア世代の引越し作業が随分と楽になることは間違いありません。

便利屋・片付け屋って信用できる?

引越しの費用を安く抑えたい、荷物が多くないなどの理由で、引越し業者に依頼せず便利屋を利用する人もいるようです。
便利屋とは、専門業種を特定しているわけではなく、いわゆる「なんでも屋」で、あらゆる雑事を請け負う業者となります。
清掃に整理整頓、家具の移動など業者のできる範囲であれば依頼したことには応じてくれ、引越しも可能となります。
しかし、引越し業者との大きな違いは、
・作業中の荷物への保険がない。
・作業スタッフは引越し専門スタッフではないので梱包・運搬に不慣れ。
・料金が時間制のところがあり、高くなってしまうことがある。
・梱包材を自分で用意しないといけないどころか、車まで手配しないといけないこともある。
などというところです。
また、片付けを専門とした業者も存在しており、長年捨てることができなかったものを処分してくれるだけでなく、
退去後の手続きなども代行してくれるところもあるようです。
金額は、部屋の間取りや作業時間、処分品の量などにより決定されます。
便利屋や片付け屋にはそれぞれの利点がありますが、トラブルが発生した時のことを考えると少々不安を感じます。
利用する際は、口コミや実績などを十分調べることをおすすめします。

このページの先頭へ