口コミ・宅建番号をチェックしてみよう。

引越しが決まり新居を探す時に多くの場合、不動産会社に仲介してもらうことでしょう。
しかし、不動産屋に対するイメージというのはあまりよいとは言えず、訪ねて行きにくいものです。

ここでは、不動産屋を探す流れを考えてみましょう。

まずは、インターネットで探してみましょう。
不動産会社自体の情報や物件の情報はもちろんのこと、その不動産屋を利用した人の口コミ等の情報も得ることができます。

複数の不動産屋をピックアップしたら、次に見積もりをとってみましょう。
賃貸住宅で見積もり?と不思議に思うかもしれませんが、不動産物件の多くは、どこの不動産屋でも紹介できるのです。
気になった物件について、複数の不動産屋に電話で問い合わせてみると、
元々紹介していた不動産屋より他の不動産屋の方が安かったりすることもあるのです。

インターネットと電話を駆使して良い不動産屋を探しましょう。

会って話してみよう。

相談

評判のよい不動産屋かどうかは、接客を受けて話をしてみないとわかりません。

また1件だけでなく、何件か回って話をして比較するのが大切です。
インターネットで得た情報だけだとわからないことが多々あります。
ある程度、絞ることができたら実際に出向いてみましょう。
親切なところだと尋ねたこと以上の情報を提供してくれたり、条件に沿うほかの物件も紹介してくれることもあります。
その反対に、態度が悪かったり物件に対する知識や説明が十分でなかったりするところもあります。
入居後もお世話になることがあるわけですから、そのことも念頭において選ぶようにしましょう。

なんかあやしい?キャンセルはできる?

握手

実際に不動産屋を訪ねてみると、希望していた物件に対しては「先に決まってしまった」と言ったり、
少し家賃の高い物件を「人気の物件」などとあおって決断を急かしたりするところがあるようです。

また、割引ができるからとの理由で引越し業者を紹介してくるところがあります。
信頼できる業者であればいいのですが、それも調べてみないとわかりませんし、料金も必ずしも引越し費用が安くなるとは限りません。
そんな不動産屋の断れない状況づくりと勢いに負けて契約してしまうという人も多くいるようですが、
契約手続きの段階によっては解約することも可能です。

契約の際の提出書類には、申込書のほかに契約書や承諾書などさまざまな重要書類がありますが、
最初に提出する申込書の段階ではまだ断ることはできます。
契約書に記名押印したものを提出していたり、仲介手数料を支払ってしまっていたりした後だと解約は難しくなりますし、トラブルに発展します。
希望に合わない物件をすすめられたり、契約を急かされたりした場合は、早い段階で丁重にお断りしましょう。

このページの先頭へ