夜逃げで引越し業者に頼めるの?

夜逃げというと響きがあまりよくありませんが、様々な理由で夜間や早朝に引越しをせざるを得ない状況の人は多くいます。

夜の街

例えば、よくテレビドラマなどであるのが闇金融業者などから逃れるためであったり、
最近多いのは、夫婦間やパートナーからのDV(ドメスティックバイオレンス)被害やストーカー被害などがあります。

その他にも離婚問題や新たな人生を求めるためになど、その理由は多様です。
今の生活から離れたい、誰にも知られずこの場を去りたいという人の多くが夜間や早朝に引越しを行っているようです。
そんな背景を背負った引越しに、業者がすんなり対応してくれるのだろうか、断られたりしないだろうかと不安に思っている人もいるかと思います。

対応してもらえないと思い、自力で引越しを決行する人もいるようですが、身の回りのものだけならともかく、
家具・家電一式となると業者に依頼をしたほうが迅速ですし、気になる音も引越しのプロの方が抑えることができると思われます。
騒がしくなってしまうと、近所迷惑になるだけでなく、警察に通報されてしまう場合もあるようですから、静かに作業を行うことは必須です。

しかし、業者に頼むとなると、業者名の入ったトラックや作業服が目についてしまいます。
いかにも引越しと思われてしまうことは、絶対に避けなければいけません。
従って、大手の引越し業者には依頼はできないことになりますが、夜間引越し専門業者もあるのでそちらを選択したほうが賢明です。

そこでまた注意が必要なのは、夜逃げそのものは、犯罪に関わっていない限り罪でも違法でもありませんが、
依頼したその業者が営業許可があるかどうかということは、きちんと調べておいた方がよさそうです。
また、費用の面でも通常の引越しよりも高くなるのが一般的のようなので、資金も十分な準備が必要になります。
通常の引越しと同様に複数業者で見積もりをとっておくことをおすすめします。

このページの先頭へ